日曜日, 22, 10 , 2017
検出は、私の息子を処理する
土曜日, 19/01/2013 - 02:54 PM
V(ビール私の息子 - 歴史的な文書や遺物によると、遺跡は今のところ残され、建物の歴史の比較的早いミーソン遺物チャム、世紀IVの最初の痕跡は言ったI)は、記念碑は、遅くとも13世紀より建てられませんでした。欧州中央および欧州地域は大ベトナムの領土に併合したときの記念碑がほとんど組み込まれて、ここで、14世紀(1306年)の初めに、15世紀(1471年一部として組み込まクアンナムの承継会社の起源で、碑はチャム族の精神的な生活の中でその役割を失い、ほとんど忘れてしまった。
私の息子への道
土曜日, 19/01/2013 - 02:44 PM
険しい山岳地帯とリモート上に構築された私の息子への道は鬱蒼とした森林と河川や峠の障害により複雑であり、木ボン川のかなり上流にある。主要道路への前に私の息子、狭い曲がりくねったトレイルランは、その遺物カードスロットにつながる、または超えた木ボン川上流に沿ってストリームを介して尾根に沿ってはったその後、私の息子でストリームカードスロットに従ってください。
建築技術的特長息子
土曜日, 19/01/2013 - 02:33 PM
時間をかけて台無しにした塔、彫刻の横に、私の息子を訪問する今日では、石の建築要素は月に無防備肝臓試験であり、建物に残された何かではありません驚きによって観光客から作られた。
天気

クアンナム天気

Webリンク ...
Sở văn hóa và du lịch Quảng Nam
Báo Thanh Niên
Báo Tuổi Trẻ
Di sản văn hóa Việt Nam
Bảo tàng điêu khắc Chăm thành phố Đà Nẵng
Trung tâm bảo tồn di tích cố đô Huế
Hội An di sản văn hóa thế giới
オンライン: 12
対抗
特長:

ミーソン遺跡の特長についての正式な発表

I/ 概略:

      ミーソン遺跡は4世紀から13世紀のあいだに作られた。この遺跡はベトナム中部のクアンナム省ズイスエン県の西側に位置している。山脈に囲まれたこの遺跡の中を流れる小川はチャンパ王国の旧都の前のトゥ・ボン川に注ぎ、ホイアン港で海に出る。
チャンパ王国は、その地域での栽培や漁業の中心であり、アンコールに匹敵していた。資源と貿易の分野ではアンコールを超えたと言われている。林業、農業(水田耕作)及び水産業が盛んだったためチャンパは勢力、影響力を伸ばし、紀元後数百年インドと貿易をしていた。インドからのヒンズ-教の影響でブラフマン神やヴィシュヌ神などのヒンズー教の神様を奉る寺院が作られたが、シヴァ神はまだその地域の大切な地位を占めていた。

     この地域は約千年間のチャンパ王国の王権や神権の中心地として栄え、その時代の王子は神に捧げるため寺院を建造し、自らの功績を寺院の中に書き残した。

     千年間の建設の発展により、ここの寺院ではいろいろな建築の様式を見ることができるが、総じて言うと高塔建築を特色としており、それは神様が住み、宇宙の中心であるメルー山の偉大さや神聖さを象徴している。
     ミーソンにある遺跡はチャンパ文化の一番大事な建造物だと言われている。ほとんどの建造物はレンガと石柱で作られ、装飾はヒンズーの神話物語に沿って石に彫られたものである。製造技術はチャンパ風の技術であり、文様や塔をみると各時期のチャンパの宗教や政治の時代を知ることができる。

II/ 史的重要性:

第2条件:ミーソン遺跡はインド美術および建築の影響を強く受けている代表的な例である。

第3条件:
東南アジアの文化及び政治史において、チャンパ王国はその存在感を示している。

III/ 保存状態:

      ミーソンのヒンズー寺院地域はよく保護されていて、境界もはっきりしている。千年間にわたって建設された建造物が13グループある(AグループからMグループまで)。ここで残存している遺跡と失われた遺跡の残滓はチャンパ王国が存在していた時期の建築様式を表している。

     第2次世界大戦、第1次インドシナ戦争、特に第2次インドシナ戦争で多くの寺院が壊されたが、残った寺院は修理され良い状態で保存されているが、湿度が高く、洪水などで保存作業が影響を受けている。沼地の手入れや除草による保存努力が続けられている。

IV/ 正確性:

      遺跡の多様な建築様式は歴史学者、考古学者及び文化人類学者等が高く評価し、現代に残された貴重な建築技術と彫刻だと言っている。これは東南アジアに独特な芸術作品で、この不思議な空間がこの地域の過去の文化と繋がっていることを表している。
      修復作業はフランス、オランダ、イタリアの専門家の指導に基づき、昔の姿を再現するよう実施されている。そのために、ミーソン遺跡の設計・資材・建設方法などの通りに復元されている。

V/ 遺跡の保存及び管理:

1. 関係法令:

      ミーソン遺跡は国際条約やベトナム法律に基づいて厳密に管理され、1979年に文化省(現文化体育観光省)によって国家建造物に指定され、2009年には政府によって国家特別製造物として承認された。すべての中央と地方の機関は文化遺産に関する法律を遵守しなければならない(発行2001年、改定2009年)。フランス人の考古者にによるミーソン遺跡の修理作業は、20世紀前半の発見の直後から行われている。しかし、1940年から1975年まで戦争で修理工事が中断され、遺跡も大きく損傷を受けた。ベトナムが1975年に完全統一してから、修理作業が再開された。現在、遺跡修理作業は国際基準に則り国内及び海外の修理人によって実行されている。この作業を継続して遺跡をさらに保存するため、首相は1915/QD-TTg決定を含む諸政策により、「ミーソン遺跡の価値保存・促進活動(2008-2020)」に予算を付けた。最高責任当局は文化体育観光省博物館保存局で、クアンナム省の文化体育観光局、ズイスエン県人民委員会、ミーソン観光・遺跡管理委員会と協力している。

      文化歴史遺産に使う予算はズイスエン県の経済・観光発展国家計画に含まれている。

2. 具体的な目標:

      現在使っている保存方式及び修復方法は伝統の建設・保守方法によって実現しなければならない。保存作業を通じて習得された技術により、20世紀のセメントや現代的な資材等は使用していない。
遺跡の近くで実施するインフラプロジェクトは、地域の観光・遺跡保存活動に影響しないよう明文化された。このプロジェクトは博物館、観光のための人材・土木分野も含めている。すべての違反の建設物はこの保存地域からクリアされた。

      無制限の観光客受け入れ及び極端な気候は遺産管理にとって潜在的なリスクだと言われている。クアンナム省の経済社会マスタープランは、この地域の生態系と気候状況を改善するため周辺地域における森林再生を含めなければならないとしている。さらに、遺跡の緩衝地帯を設け、入っていはいけない地域を法令で定めている。

マップ
Copyright © 2013 - 管理ミーソン遺跡や観光
アドレス  : Duy Phu, Duy Xuyen, Quang Nam  -  メール: mysonstr@gmail.com   -   電話: 0510.3731.309  -  ファックス: 0510.3731.361 - ウェブサイト: www.mysonsanctuary.com.vn