日曜日, 22, 10 , 2017
検出は、私の息子を処理する
土曜日, 19/01/2013 - 02:54 PM
V(ビール私の息子 - 歴史的な文書や遺物によると、遺跡は今のところ残され、建物の歴史の比較的早いミーソン遺物チャム、世紀IVの最初の痕跡は言ったI)は、記念碑は、遅くとも13世紀より建てられませんでした。欧州中央および欧州地域は大ベトナムの領土に併合したときの記念碑がほとんど組み込まれて、ここで、14世紀(1306年)の初めに、15世紀(1471年一部として組み込まクアンナムの承継会社の起源で、碑はチャム族の精神的な生活の中でその役割を失い、ほとんど忘れてしまった。
私の息子への道
土曜日, 19/01/2013 - 02:44 PM
険しい山岳地帯とリモート上に構築された私の息子への道は鬱蒼とした森林と河川や峠の障害により複雑であり、木ボン川のかなり上流にある。主要道路への前に私の息子、狭い曲がりくねったトレイルランは、その遺物カードスロットにつながる、または超えた木ボン川上流に沿ってストリームを介して尾根に沿ってはったその後、私の息子でストリームカードスロットに従ってください。
建築技術的特長息子
土曜日, 19/01/2013 - 02:33 PM
時間をかけて台無しにした塔、彫刻の横に、私の息子を訪問する今日では、石の建築要素は月に無防備肝臓試験であり、建物に残された何かではありません驚きによって観光客から作られた。
天気

クアンナム天気

Webリンク ...
Sở văn hóa và du lịch Quảng Nam
Báo Thanh Niên
Báo Tuổi Trẻ
Di sản văn hóa Việt Nam
Bảo tàng điêu khắc Chăm thành phố Đà Nẵng
Trung tâm bảo tồn di tích cố đô Huế
Hội An di sản văn hóa thế giới
オンライン: 12
対抗
歴史について

     世紀にブハドラヴァマン王朝の下でミーソン谷(現在はクアンナム省、ズイスエン県ズイフー村)がチャンパ王国の古都-宗教と信仰の中心地に選ばれた。この谷は直径約2キロで、高い山に囲まれている。南にマハパルヴァタ霊山(シヴァ神)、西にクカカ霊山、東にスバラ霊山等がある。霊山から発し北に流れ、トゥボン川に注ぐ小川の梵語名はマハナディで、シヴァの妻ガンガの別名である。

     この谷は権力中心地Shimhapura町の西に、貿易中心地ダイチエム河口-クラオチャム島の東に位置している。聖地、聖山、聖河口はミーソン及びAmaravati小国(現在のクアンナム省あたり)の成立と発展にとって大切な役割を果たしていた。


 

     文化交流やインド文明の受け入れでヒンズー教は徐々にチャンパの社会で重要な役割を果たしていた。ミーソンはチャンパ王国のもっとも大切な宗教の中心地であった。

     ミーソンは礼拝、崇拝のための寺院を建てたところで、チャンパ王が神に統治についての報告をする場所である。ここには勝利やチャンパの征戦を記念するために作られた寺院もあり、王の死後の霊がヒンズー教の神と、特にチャンパ王国を作ったと言われているシヴァ神と出会う所でもある。
 
Linga - Yoni
      当時、王はシヴァ神-ヒンズー教の創造と破壊神-と見なされミーソンで奉られていた。Bhadresvara(シヴァの名前Isvaraと王の名前Bhadravarmanから作られた)神-王を奉った木製の寺院はこのよう信仰の対象である最初の寺院である。神はリンガの形を模して奉られた。このリンガは東南アジアの最古の王権と神権の結合の象徴である。

     2世紀後、ほぼ529年から577年までの間に、この寺院は不運にも火事に遭った。

 
     残された文字や建築によると7世紀ごろSambhuvarman王はこの寺院を再建して、チャンパ国という名がはじめてSambhuvarman王の銘碑に刻み込まれた。それから後、チャンパの新王はミーソンで新寺院を建てるか、戦争で壊れるなり老朽化した古い寺院を改修した。そのため、ミーソンはだんだん全王国の聖地になっていった。
     653年に、Prakasadharma王がミーソンでたくさんの寺院を作らせて、Srisambhubhadresvara神に多くの土地や財産を捧げた。彼はミーソンでクレラ神を祀った寺院を作った人でもある。749年から875年までの間に政変があって、王国の統治は 南からのKramukavamsa族が行うようになった。Viraphura町に遷都された。新しい聖地がKauthara (ニャチャン)にあるPô Nagarに誕生して、王国の聖母神が信仰の対象になった。Srisambhubhadresvara聖地(ミーソン))はあまり注目されなくなった。
     8世紀の終わり頃、仏教が盛んになり、チャム王国で重要な役割を果たし、国教になった。Indravarman II王はもう一度クアンナム周辺のIndrapuraに首都を移し、Dong Duong(Tra Kieuから南に20キロ離れている)でVihara仏院を建てた。これはチャンパ王国の第三番目に大きい聖地である。
     10世紀になって、シヴァ教が復興し、王侯貴族の間では仏教の人気が落ち始めじて、9ミーソン聖地が復興した。古い寺院が修理され、新しい礼拝所が建てられて、ミーソンの新しい顔が誕生した。この時期、建造物が連続てきに建てられ、今もミーソンに残っている。



     11世紀に起こった、チャンパと隣の国との戦争でチャンパ王国及びミーソンの寺院は激しく破壊された。古い石碑に「敵が国を占領し、統治した…、王国の町を壊し、Sriranabhadresvara寺院から略奪した。それで、この寺院は放置され、祭りごともできなくなった。「…Hảivarman王(1074年から1081年まで在位)が立ち、敵を追い払って、Sriranabhadresvara寺院を再建した…」と書かれている。もう一つの石碑にはもっと詳しく「王はSriranabhadresvara神を奉る塔、寺院等を再建し、以前よりも美しく飾り立てた」と書いている。
     その後の王(Paramabodhisattva王 と Giaya Indravarman II王)は供物に捧げるに留まり、Harivarman V王 と Giaya Indravarman III王の時代になって、別にミーソンに数件の小さい寺院を作った。1149年に、Giaya Harivarman Iが戴冠し、ViJaya(ドバン、ビンディン省)に新しい首都を作ったが、ミーソンでは礼拝所の修理をし、新しく2 件の寺院も作った。その後の王Indravarman IVはあまり建設はしなかったが、寺院の屋根を金や銀で装飾した。使った金や銀の量は1470キロに及んだ(J. Boisselier: 1963による)
     1234年に戴冠した、Sri Jaya Paramesvaravaman II王はミーソンを補修した最後の王だと言われており、その後ミーソンについて書いた書類はない。
     チャンパのSimhapuraやダイ・チエム河口から金、香木、象牙、胡椒などの高価な品々が海外に輸出され貿易通路ができた。そのため、チャンパ王宮は繁栄して、城下町やミーソンも栄え、文化文明の交差路となり、チャンパもその恩恵を受けた。
 

      千年間にわたって、ミーソンはチャンパ王国の芸術の中心地であった。チャンパのいろいろな建築様式がこの遺跡で発展した。
     チャンパ王国の宗教の中心地であるミーソンは民衆の心の支えで、チャム人の精神の拠り所でもあった。今日でも高い評価を受けている芸術建造物であり、ここのレンガのひつ一つ、塔のあらゆる面が独特な歴史-文化価値をもっている。

マップ
Copyright © 2013 - 管理ミーソン遺跡や観光
アドレス  : Duy Phu, Duy Xuyen, Quang Nam  -  メール: mysonstr@gmail.com   -   電話: 0510.3731.309  -  ファックス: 0510.3731.361 - ウェブサイト: www.mysonsanctuary.com.vn