木曜日, 14, 12 , 2017
検出は、私の息子を処理する
土曜日, 19/01/2013 - 02:54 PM
V(ビール私の息子 - 歴史的な文書や遺物によると、遺跡は今のところ残され、建物の歴史の比較的早いミーソン遺物チャム、世紀IVの最初の痕跡は言ったI)は、記念碑は、遅くとも13世紀より建てられませんでした。欧州中央および欧州地域は大ベトナムの領土に併合したときの記念碑がほとんど組み込まれて、ここで、14世紀(1306年)の初めに、15世紀(1471年一部として組み込まクアンナムの承継会社の起源で、碑はチャム族の精神的な生活の中でその役割を失い、ほとんど忘れてしまった。
私の息子への道
土曜日, 19/01/2013 - 02:44 PM
険しい山岳地帯とリモート上に構築された私の息子への道は鬱蒼とした森林と河川や峠の障害により複雑であり、木ボン川のかなり上流にある。主要道路への前に私の息子、狭い曲がりくねったトレイルランは、その遺物カードスロットにつながる、または超えた木ボン川上流に沿ってストリームを介して尾根に沿ってはったその後、私の息子でストリームカードスロットに従ってください。
建築技術的特長息子
土曜日, 19/01/2013 - 02:33 PM
時間をかけて台無しにした塔、彫刻の横に、私の息子を訪問する今日では、石の建築要素は月に無防備肝臓試験であり、建物に残された何かではありません驚きによって観光客から作られた。
天気

クアンナム天気

Webリンク ...
Sở văn hóa và du lịch Quảng Nam
Báo Thanh Niên
Báo Tuổi Trẻ
Di sản văn hóa Việt Nam
Bảo tàng điêu khắc Chăm thành phố Đà Nẵng
Trung tâm bảo tồn di tích cố đô Huế
Hội An di sản văn hóa thế giới
オンライン: 11
対抗
遺跡保持―修復活動
遺跡保持―修復活動
      
      ミーソン遺跡は1898年にM.CParisに発見された。その以降、フランス人の科学家はこの遺跡を広がって研究するキャーンペンを行った。このキャーンペンはHenri Parmentier様とCharles Carpeaux様が先頭した遠東学校の考古学者に1903年3月11日から1904年2月3日に行われた。
     最初、考古学者はミーソン遺跡の西方を注目していた。西方には主な建築が集まっていて、考古学者(Parmentier)はその建築をB、C、Dグループで分けた。そのあと、A、E、Fグループの建築を続けた。

 

 
     Henri Parmentierによるこの遺跡に関する考古の結果はIn-ventaire des monuments čams de l’Annamという本に1909年と1918年に公布された。
     1937年から1944年にも、遠東学校の考古学者はA、B、C、Dグループの建築を修理した。1939年に、A塔の安全の他めに、大きな泉からダムを造った。しかし、1946年に大きな洪水のため、このダムが壊された。
 

アーキテクツ Kazimierz Kwiatkowski (Kazik)

  この期間の後、ここでの研究の作業は1980年まで40年以上にわたって中断され、建築家Kazimierz Kwiatkowskiプロジェクトリーダーとしてベトナムとポーランドの二国間の協力の復元プロジェクトで開始された。Kazimierz Kwiatkowskiは遺産の専門家、建築家、土木技術者、技術専門家、写真測量、考古学の専門家などのチームと働いていた。ベトナムのチームは建築家Hoang Dao Kinhの指導の下で建築家、エンジニア、考古学者と専門技術のグラフィックスが参加した。 1980年から1986年まで、ベトナムチーム と ポーランドチームはミーソン遺跡で次のような仕事を行ってきた。
- ミーソン遺跡の考古学的調査を実施、ミーソンの寺院や塔の建造物群を緊急的な営繕、技術的な補強をした。
- ワルシャワ、トルンの研究室でチャム建築の施工技術に関する研究。
- グループA、B、C、Dの塔や寺院の地盤を清掃、安定した。(岩の何千立方メートルを清掃こと、クレーターを埋めること、表面を覆ったレンガ構造に深く貫通した草木を処理することなど)。
- 遺跡で見つけた古いレンガの数万を集め、清掃、その後再利用できるようにタイルを並べ替えた。
- レンガや石の装飾的な細部を収集、清掃した。今後の再配置のため、そのレンガや石の元の位置を確認した。元の位置が確認できないものは保持され、そして展示館で展示されることになった。
- 近代的な技術方法を使用して、崩れる可能性が高い塔や寺院を緊急的に補強した。
- グループB、C、Dの全体的な建築を維持するため、グループCに残っている痕跡からグループC基盤を復元した。この復元作業では、収集された古いレンガを活用、復元されたところが明らかにするためにセメントを使用し、また。元の構造との混同を避けるという作用もあった。装飾的な細部は、最初位置を確認した後、再配置した。
- いくつかの場合では、信頼性の高い科学的根拠があるときには、専門家は、痕跡を制限的に修復させることができる。しかし、修復の国際原則に定めるのは遺跡の失われた細部を自由に修復してはいけないということである。その代わりに、専門家は、将来の世代が復元された部分と当時のものの違いを見分けることができる方法によって修復を進んでいく。

 

    
二つの塔D1とD2は、塔の装飾的な要素を紹介することを目的と一致している。これらの詳細は、以前に散らばって、収集されてきた。また、80年代後半と90年代初期に、Kwiat- kowski建築家は他の援助を使用して、グループEの寺院の調査を実施、修復プロジェクを作成、そしてこのグループの一部分を修復した。
10年以上にわたった補強と復元の結果としては、我々が今日見られるようにミーソンの元の姿をある程度取り返すことができると言えるだろう。
ユネスコを通じて、Lerici Foundation という財団と協力、ミーソン遺産のための地理情報システム(GIS)を実施した。次に、「ミーソン遺跡のグループGの保存に関する説明と国際基準トレーニング」というユネスコ-ベトナム-イタリアの三国間協力プロジェクトは3段階の修復を経て、130万ドル以上の経費で2003年から2013年まで完成する予定である。
このプロジェクトは劣化している塔や寺院の補強に大きく貢献、徐々にグループGの元の形状を確定することができる。同時に、一般的なチャム塔の修復のための代替材料を見つけた。それは古代チャムレンガと同じ性能を持っている復元されたレンガである。イタリアの専門家との協力の他に、遺産保存研究所もまたE7塔の復元プロジェクトを実施、2011年6月から2013年初頭に完成する予定である。
- 2001年: Theという谷川を考古学的に発掘、石の現物を多く発見した。
- 2002年:交通プロジェクトを実施、橋The橋から遺跡までの道路を建設した。
- 2002年末: 考古学の発掘調査では、グループF(塔:F1、F2)を明らかにした。
- 2005年、2回目Theという谷川を考古学的に発掘したとき、現在のグループDよりもっと古くて、グループDの東側に建築の基礎のいくつかの痕跡を発見した。
- 2005年に入口のところにミーソン展示館が建設された。これは日本政府のODAによって、作られた近代的な建物。この展示館はミーソン情報を提供、ミーソンを全体的に紹介、ミーソン報告に役に立ち、遺跡に関する人々の意識を高める。

マップ
Copyright © 2013 - 管理ミーソン遺跡や観光
アドレス  : Duy Phu, Duy Xuyen, Quang Nam  -  メール: mysonstr@gmail.com   -   電話: 0510.3731.309  -  ファックス: 0510.3731.361 - ウェブサイト: www.mysonsanctuary.com.vn